いつも見ていただきありがとうございます。
 
今回は見ていて「他に方法が無かったのか!?」と考えてしまう。
 
自分から出て来た”疑問”も出る。そんな疑問をもたせてくれた映画を紹介します。
 


 
 
ある会社が「〇〇」に関してどのような世界になって欲しいのか!?
 
議論が映画内で勃発します。
 
そのような「場所」を映画で作ったのかな?と…考えさせられる映画になっています。
 
タイトルは「女神の見えざる手」その名の通りの”クライマックス”になっています。
 
結末が自分では見えないから「面白い」のですが。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
それでは少しばかり本編を紹介します!!
 
主人公でもあるジェシカ・チャステインさんから物語がこうやって始まります。
 
「ロービ活動は予言すること。敵の行動を予測して、対抗策を考えること
 
勝者は敵の一歩先を読んで計画し自分の手を見せるのは、敵が切り札を使った後」
 
相手の不意を突いて……。自分が突かれては「ダメ」
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
と。こんな感じで「女神の一言」から幕が開けていきます。何!!?そのカッコイイセリフ。
 
皆様も「一度は言って見たいセリフ」ですよね!?
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
彼女の仕事は、ロビー活動簡単に言うと
 
「会社にとって有益な方向性」と「政府にとって有益な方向性」を擦り合わせながら
 
「お金を集めて」「票を固めて」「市民を守る」
 
この5つをしていくモノです。(映画内)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
それではこの「会社にとっての有益な方向性」とは!?
 
会社利益が無いと潰れてしまいますよね。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
その為に”商品やサービス”を扱います。
 
この場合「政府側にとっての有益な方向性」が
 
彼女の会社の”商品やサービス”となるのですが。
 
映画内では〇〇が商品となって話がどんどん進んでいきます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
もちろん”クライアント様”は商品やサービスに”信頼”あって
 
「買っていただいてる」のでその「商品やサービス」を日々提供していきます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ですが、サービスも完璧に上手くしていくのが理想なのですが
 
なかなか機能しない場合もございます。
 
その際に「トラブル」となる〇〇が発生したりして
 
上手くサービスが機能しなくて提供できません。
 
そのトラブルが今後どうなるのか!?
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
はたして会社はサービスを改善して
 
クライアント様に商品を届ける事ができるのか!?
 
そこが一番面白いポイントです!!
 
そして主人公でもある”会社のエース”でもある彼女はクライアントに
 
”満足”をしてもらえるのか!?
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

女神の「見えない一手」となるクライマックスは!?

そして表紙の「毒」を正すとは!?

 

見所ポイント!!
 
 
  1. 映画内で起きる「議論の結果」でどのような世界になっていくのか!?
  2. 結末が「見えない女神の一手」とは!?
  3. 商品やサービスとなる〇〇とは!?
  4. 商品やサービスを提供する際の〇〇なトラブルとは!?
  5. クライアントは満足できるサービスを受けられるのか!?
  6. 毒とは何なのか!?
 

 
それでは本編はこちらから
 
 

 
他の作品の魅力も伝えていきますので楽しみを増やすた為に
 
ぜひ読者登録も 僕のビブルカードは
 
こちらです→ 破って持って行ってね!!w
 
noteの方はこちら 破って持って行ってね!!w Twitterはこちら