誰だって本を書いたら「手に取って貰いたい」など「売れて欲しい」や「読んでほしい」と言う願望を持つ人は多くいてると思う。あの有名な”アドラー心理学”など、売れている本では「〇〇〇の視点」で書かれていた。漫画や小説などでもそうだ。では〇〇〇の視点とは、どの様な事をいうのか?!

 

 

 

読んだ時に「えっ」と自分の中で価値観が壊れる内容や「あっ」そうだなっと思える内容だったり。「うわっ」とこの先どうなるんだ!?いいところで終わり。読者の方が「次早く読みたい」など気持ちをくすぐる仕組みがいくつもあり。

 

 

 

 
先が気になる様に疑問に感じてしまう内容になってるのは売れてる本では自身が手に取り読んできた中ではいつも”当たり前”だったりする。

 

 

 

普段考えても拾えない様な自身の「そう思っていた」や「なるほど」「自分も同じだな」「勉強になった」といった内容で自身が言いたくても言い表す事が出来ない「言語化出来ない人間の深層心理」などが詰まった作品がいつも売れていた。

 

 

 
また漫画や小説ではこの気持ち痛いほど分かる。など感情移入ができるほどキャラ設定が鮮明だったりする。「言い表せられない」「表現できない」からこそ”言語化”や”表現化”することによって「一握りの存在」となれるのだろうと思う。

 

 

 
実際誰かと話して自分も「同じ事思っていた」「感じていた」って経験はないだろうか!?
僕自身はよくある経験だ。いわゆる「共感」とよく似た「普遍的な欲求」とでも言おうか…。この普遍的な「共感できる要素」が必ずある。人間にとって当たり前の欲する。欲求「感動」や「刺激」に結びつく。

 

 

 

今では調べれば「欲求」はすぐに出てくる。人間で言えば三大欲求など調べれば調べるほど「欲求」に関して出てくる一番有名な所と言えば「マズローの5段階欲求」が直ぐに思いつく!!

 

 

 

この誰にでも自身の中にある「普遍的な欲求」を上手くくすぐるなど相手と自分にある「普遍的な欲求」を利用して自身の伝えたい「本」などに多く含まれていた。ここが「ミクロの視点」。売れてる本では「これ」があり。

 

 

 

 
自身がなぜ手に取ってないのか!?手に取って貰えない本にはこれがなかったりする。これはある”買って手に取ってみたい”と思う衝動がない「本のサンプル」を見て個人的に思った見解である。

 

 

 

自身が誰か友達と話していたりして、自分が思っていた事を相手が伝えてくれた瞬間に「感動」して涙を流すそんな経験も時にはあるだろうし。「辛い」など話を聞いてほしいなど、多くの人が人間関係のトラブルによって「聴いて欲しい」「話たい」といった感情が芽生え。

 

 

 

普段生活していくことで起きてくる人間関係の感情トラブル。ここも鮮明に執筆で描かれていたりしている。

例えば
上司から思いがけない一方的な発言でこっちの話すら聞こうとしない対応や
意見を言わせないようなピリピリした空気感によってストレスなど溜まったりもする。よく聞く上司とのトラブルだ。この際に「ちょっと聞いてほしい」など自身が言いたくなった経験はないだろうか!?                                                                                、                                    これも一つの「普遍的な欲求」だろう。より深く自分の心理が分かり、より深く相手の心理に入って「相手が聞きたかった言葉」や「欲しかったモノ」を相手に分かりやすく伝えられるのが「言語化」だとしたら、ミクロ視点は更に分解して黄色くマーカーした「分かりやすく」ここの「 」マーカ部分だと思う。「相手の気持ちを知る視点」本を読んだ時に「感動」したり感情が波を打つ瞬間があるかと思う…この波を起こすのがミクロ視点でこの記事で一番伝えたい「相手の気持ちを知る視点」(ミクロ視点)

 

 

 

このミクロ視点は相手によってミクロ視点になったりマクロ視点になったりして相手によって説明する時に「変化」する視点だ。

 

 

 

なぜなら相手によって変わるというのは例えば上記で説明したマーカーの黄色の「 」黄色のマーカ部分可視化されて目視できる人のみ説明が可能である。ですが、盲目の方であれば別のアプローチから説明をしなかればならないのです。

 

 


この更に”深く潜り込む視点”をミクロと個人的にいうのですが…この相手の心理に入った欲しいモノや無意識に相手が求めているモノこそ「手に取ってもらえなかった本になかった…読みたい本にある「ミクロの視点」そのモノだ。

 

 

 

「気がついたら読んでいた」「気がついたら買っていた」「欲しかったから」だけどもこの無意識に人が欲しいと感じているモノとは一体どんなモノかと!?

”それを分かる様になりたい”人が多くいてる。これにはコレといった答えがあるものではなく。ほとんどの人が「これ」をしたら「こーなる」といった答えが決まったモノだと思っている。

 

 

  

昔僕もそう思っていた。でもそんな事は一切ない。手に取った商品やサービスをなぜ!?買ったのか!?この説明が鮮明にできなかった当時は僕はある事をしたら…この続きはこちら

 


他の作品の魅力も伝えていきますので楽しみを増やすた為にぜひ読者登録を

僕のビブルカードはこちらです↓はてなブログの方こちらnoteの方はこちら

 破って持って行ってね!!Twitterはこちら  インスタはこちら


 ブログをメールで購読したい方はこちら